パソコン画面を画像として保存する2つの方法と便利ツール【キャプチャーの撮り方】


パソコン画面を画像として保存することで、自分でコンテンツを作成する時に、よりわかりやすく伝えることが出来ます。

ここでは簡単にできる2つの方法をご紹介しますのでご覧ください。

まず、私はWindowsユーザーですので、Macの方はゴメンナサイ!

2つの方法ともWindows内臓のソフトを使っていきます。

スクリーンショットの機能を使う

画面全体を保存できるプリントスクリーンを利用する方法です。

保存したい画面を出して、キーボードの「FN」キーを押しながら、「Printscreen」キーを押します。

お使いのパソコンによっては、FNキーではなくて、コントロールキーを押しながら、プリントスクリーンキーを押すものもあります。

保存が出来たら、Windows内臓のペイントツールを開きます。

「貼り付け」を押すと、先ほど保存した画面全体が、貼り付けられます。

 

後は必要な部分を編集して、保存するだけですね。

詳しい方法は動画でご確認ください。

Snipping Toolを使う

Windows10には、Snipping toolというソフトが内蔵されています。
このソフトは、簡単にキャプチャー出来ますのでぜひ使ってほしいです。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

このようなツールですね。

使い方も非常に簡単で、新規作成を押したら、画像として保存したい部分だけを選択し、保存することが出来ます。

しかも、ちょっとした編集も出来るので、サクっとキャプチャーを撮りたい場合は本当に便利です。

詳しい使い方は動画で確認してくださいね。

ツールは揃えて使いやすくすべき

自分で稼ぐためには、本当に管理が重要です。
その管理をしやすくするものがツールですね。

良いツール、便利なツールを使うと、作業を効率化することが出来ます。

良いツールや、便利なツールを持っていたら、取り出しやすくすることも大切です。

私の場合は、パソコンを非常によく使うので、自分が使いやすいように、カスタマイズしています。

いちいち検索するのも面倒なので、使いやすいように並べ替えたり、ツールバーに表示させたりしています。

ぜひ、やって見て下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です