YouTubeのサムネイル画像を自分で設定する方法


YouTubeに動画を投稿するなら、より多くの人に見てもらいたいですよね?

自分の動画を目立つようにする方法を、ここではご紹介しますね。

動画をより魅力的に

せっかく頑張って動画を作ったんだから、少しでも目立ちたくないですか?
そんな時は、自分でサムネイル画像を設定することが出来るんですよ。

ちょっとひと手間で、魅力的な動画に早変わりです。

カスタムサムネイルの機能

これは、私が家族を巻き込むために投稿しているYouTubeの動画のサムネイル画像です。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

あくまでも家族の趣味を応援しているので、自分でわざわざサムネイル画像を設定することはしていません。

対してこちらは、私がビジネス用に投稿している動画です。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

こちらは1つずつサムネイル画像を自分で設定しているんですね。

通常のサムネイル画像

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

動画をアップロードすると、自動的に3枚選ばれます。
その中から1枚自分で選んで、それをサムネイル画像にすることが出来るんです。

でも、「カスタムサムネイル」って一番下にありますよね?

これを設定することで、より魅力的で目立つサムネイル画像にすることが出来るんです。

でも、この機能を使うには、設定が必要になります。

事前準備

YouTubeの設定を押す

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

その他の機能

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

ステータスと機能

確認済みになっていればOK

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

「確認」のままではダメです。
ここを「確認済み」にしてカスタムサムネイルを有効にしないといけません。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

「確認済み」にする方法はこちらをご覧ください。

YouTubeの画面から自分のサイトにリンクを飛ばす外部アノテーション機能の設定方法

2016.11.05

設定方法

カスタムサムネイルを設定していきます。

動画の管理から、編集したい動画を選んで「編集」を押します。

情報と設定

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

カスタムサムネイルを押す

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

予め作っておいた、2MB以内のファイルをアップロードします。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

「変更を保存」を押して終了です。

サムネイル画像の作り方

推奨サイズ

1280×720(最小幅が640ピクセル)の解像度
ファイル形式:JPG、GIF、BMP、PNG
2MB以内

 

まとめ

サムネイル画像を一度設定すると、自分でも「なんか設定しないとショボい・・・」そう思うようになります。

タイトルで目をひかせるのはもちろんなんですが、やはり視覚的な訴求力にはかなわないですよね。

無意識で見たいと思わせる、そんなサムネイル画像を設定出来るといいですね。

ぜひ、やってみてください。