YouTube終了画面の使い方と設定方法


アノテーションより便利!しかも早い!

急に新しく出てきたYouTube終了画面の使い方の解説をしますね。

終了画面って?

YouTubeは、仕様が変更されたり、機能が追加されることは頻繁にあるようです。
今回は終了画面という機能が追加されました。

これは、今まで自分のブログやチャンネル登録を促す時は、アノテーションという機能を使っていました。

詳しくはこちらをご覧ください。

YouTubeの画面から自分のサイトにリンクを飛ばす外部アノテーション機能の設定方法

2016.11.05

 

ですがアノテーションはパソコンからはクリックできるけど、スマホからはクリックできないというデメリットがあったんですね。

それを解消すべく「カード」という機能もあったのですが・・・

YouTubeカード機能の使い方と設定方法

2016.11.06

結局、
アノテーションか終了画面かどちらかを選べるようになりました。

どちらかしか選べない

動画の一番最後の部分に設定するので、終了画面かアノテーションかのどちらかになります。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

今までアノテーションで設定していたものを終了画面に変更するのはちょっと辛い作業ですので、使ってみてお好きな方を選びましょう。

終了画面の使い方

動画でも詳しく解説していますので、そちらもご覧くださいね。

テンプレートが用意されている

テンプレートを使用

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

大きな四角いのが動画、丸るいのがチャンネル登録です。

後で配置を動かすことも出来ますし、追加、削除も出来ます。

動画1:チャンネル登録1:リンク1を選ぶ

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

選んで選択を押す

表示させたい動画を選ぶ

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

ダブルクリックすると、設定できます。
右側の「要素を編集」からも設定できます。

選んで保存を押します。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

リンクを設定する

これは、関連付けられたウェブサイトのみ設定することができます。
関連付ける方法はアノテーションの記事をご覧ください。

YouTubeの画面から自分のサイトにリンクを飛ばす外部アノテーション機能の設定方法

2016.11.05

これが、リンクを設定するための「枠」です。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

ダブルクリックをすると、編集できます。
右にある、「要素」から編集することも出来ます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

次へを押すと、タイトルが自動的に入ります。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

タイトル、行動を促すフレーズを決めて下さい。

画像は、自動的に選ばれる場合もありますが、自分で設定することは出来ます。

「保存」を押します。

チャンネル登録

自分のチャンネル登録に関しては、何も設定しないでOKです。
すでに設定されています。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

(↑自分のアイコンに変わります)

設定するとこうなります。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

左から、動画、ブログ、チャンネル登録です。

配置は自由に組み替えられます。

自分でボタンアイコンを作成しなくても、大丈夫になりました。

終了画面とアノテーションどっちがいいの?

アノテーションはスマホからはアクセス出来ないので、将来的には終了画面をメインに使っていくことになりそうです。

ですが、「終了画面」というネーミングから見ても、また変わるかもしれませんね。

アノテーションにしろ、終了画面にしろ、全く同じ設定を一括ですることは出来ないので、これも1つずつ設定していきます。

ですので、たくさんアノテーションでガッツリ設定している人が、終了画面に設定し直す必要はないと思いますし、かといって、これから設定する人が、わざわざアノテーションで作成する必要もないと思います。

私は、アノテーションより終了画面の方が使いやすいので、途中からアノテーションは使わず、終了画面で作成するようにしました。

まとめ

YouTubeには、自分の媒体にアクセスを流す機能として、アノテーションがありましたが、さらに時代に合わせて「終了画面」が出てきました。

やはり操作も簡単ですし、素早く設定できます。

スマホに対応しているのが、一番のメリットですので、ぜひ、使ってみて下さいね。